勤め先に何らかの不満があったり、それまでの経験を活かして転職したいと考えている人は、その行動にある程度のリスクがあることを把握しておく必要があります。

多いケースとしては、賃金に関することです。
新しい会社に移ってから、支給される賃金が下がる場合があります。
中途採用をする会社によっては、入社後の給料に関して詳しく説明をしないことがあります。
また、入社してくる人間が、給与に関してあまり理解をしないまま入社するケースも起こりえます。

給与アップを目的に転職したにもかかわらずかえって下がってしまっては意味がないので、そこは内定をもらってからでも良く確認する必要があります。
入社が決まってから、給与交渉で「経験が足りていない」といった理由により、求人票に書かれた金額よりも低い額を提示されてしまうことは珍しくありません。
そのため、転職を検討している人は注意が必要です。

また、他社に移ったことによりサービス残業時間が増えることもありえます。
労働時間が増えることで、プライベートの時間は減少させてしまいます。
他の会社に移ることで趣味や勉強の時間が減ってしまうため、残業時間はどの程度なのか人事担当者に質問しておくことが重要です。
自分の時間が減るだけでなく、家族と過ごす大事な時間も減って家族関係が悪化することも考えられます。

また、会社の雰囲気に馴染めないことでせっかく入った会社をすぐに辞めることになったケースもあります。

このようなリスクを回避するための対策方法が知りたい人は、情報サイト(http://avoiding-jobchangerisk.com)を見てみると良いでしょう。

 © 2020 - そこにある危機を知れ